風俗嬢お悩み相談所

2016.04.16

デリヘルでの(会話)超簡単会話術。3つの魔法ワード。関心・感嘆・同調

a0006_000720

 

入店してみたものの結構悩むのがお客様との会話。
キャバクラ等の接客業が向いてないから風俗に挑戦したなんて女の子も多数居いる。
せっかくあまり話さなくて良い風俗をしたのに、やっぱり会話は必要になると痛感するだろう
ただキャバクラ等と違い難しい話は要らない。
相手を会話だけで何とかする必要はないからだ。
必要なのはあくまで導入の部分。
お客様と会って、プレイに入るまでがお互いの緊張を解す意味合いも兼ねて重要となる。

そこで基本的にそこさえ抑えておけば大丈夫なポイントがある。
そのポイントさえ抑えれば後は勝手にお客様が会話を弾ませてくれたりする。
もちろん女の子自信もきっと話しやすくなるだろう。
後はプレイ終了後の余った時間の会話がある。
しかし終了後の会話は
それに人というものは肌と肌を合わせると親密度がぐっと近くなるもの。

では簡単なポイントとは何か?
極意は
3つのポイントを抑えればそれだけで良い。
以下にまとめてみた。

  • 関心(お客様に興味があるように話す。質問する。)

例:『好きな~~を教えて下さい。』『休すみの日とかって何してますか?』

基本中の基本。相手に興味を持ってあげる。
もちろんフリで大丈夫だ。
分かりやすく言うと質問を投げかける。
例外はあるが基本的に女の子に興味を持たれる事は好意と取られて嬉しいと感じてくれるだろう。

  • 感嘆(お客様の話に驚いてあげる。)

例:『そうなんですか。すごーい。』『本当ですかー!』『えぇー!尊敬します』

男性は武勇伝や自慢話がとにかく好きだ。
年を重ねれば重ねるほどにその傾向は顕著に現れる。
話をしていて相手の反応が大きければ大きいほど良い気分になる。
パチンコで勝った程度の話から、会社を経営している等の話までいちいち驚いてあげて、リアクションすればそれだけで良い。

  • 同調(お客様の話に合わせてあげる。感情も含める。)

例:『私もそうなんです。』『すごく分かります。私もそれ好きなんです。』

上手く同意見を繰り返していければ確実に盛り上がる事間違いない。
例え嫌いなものであってもチャレンジしてみようと思っていたと言えば問題ない。
男性はとかく女性に反対される事を嫌う。
会話の内容だけでなく感情も相手に併せて同調すればさらに良い。
怒ってる話であれば一緒に怒った感情を出す。悲しい話であればやはり同じく悲しい感情を出す。
他にも趣味の合う相手であれば気も許しやすく仲も深まると言う事もある。

3つのテクニックをまとめるとこうだ!

《興味を持って質問をして、その話をしっかり聞いてリアクションを取って驚いてあげる。そして話に納得同調をしてあげる》

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いつでもOK!風俗の何でもお悩み相談

女性店長のお店だから安心♪私たちが解決します!
LINEで直接お問い合わせ♪
お名前 ※必須
メールアドレス ※必須
メールアドレス確認 ※必須
LINE ID
電話番号
連絡方法 ※必須  メール LINE 電話
相談内容 ※必須

top