風俗嬢お悩み相談所

2016.04.08

風俗は辛い!考え方で精神的に軽く!身体は売らない、一時貸すだけ!

a0002_003350

 

そもそも考えて欲しい。
良く身体を売っているなんて表現をされるが、果たしてそうなのか?

思い出して欲しい。
私達がどこかの店で何かを買えば、それはあなたのモノになった訳だ。
傷つけようが、汚そうが、それこそ壊そうが自由だ。

それは買ったもの=所有物になるからだ。

じゃあ、そこを踏まえて言うと、風俗は身体を売っているのとは全く違う。

そもそもセックスをする訳でもない。
どんなタイプの風俗だとしてもきちんと自分の身体を返して貰わなければならない。
それにプレイ時間中には各お店でそれぞれ出来る事に限りもあるのだ。

という訳で表現としてはお金を頂いて、あなたの身体を一時的に貸しているだけなのだ。

もっと言えば貸している訳でもないと言える。
身体の手や口、そして胸やお尻など様々な部位を使ってサービスを提供しているだけだ。
最大に大変な場合として性的なサービスまでが許されているだけであって、お客様の中には会話だけで終わる方だって多々いる。
余談だが、聞いた話によると、着衣の状態で抱きしめただけでイったなんて話も聞いた事がある。

さらに!
もっともっと精神的に楽に考えたいのであれば是非こう考えて欲しい。
お客様はモテナイ病とか女の子に相手にされない病と言う病気を患っており、あなたが相手をしてあげないと全然相手にされないのだ。

こんな感じで考え方や見方の角度を変えて少しでも風俗と言う仕事の精神的負担を減らす手助けにして欲しい。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いつでもOK!風俗の何でもお悩み相談

女性店長のお店だから安心♪私たちが解決します!
LINEで直接お問い合わせ♪
お名前 ※必須
メールアドレス ※必須
メールアドレス確認 ※必須
LINE ID
電話番号
連絡方法 ※必須  メール LINE 電話
相談内容 ※必須

top