風俗嬢お悩み相談所

2016.05.30

風俗本指(行動)全身リップを制す者はプレイを制す。キッチリが鍵!

デリヘルの全身リップ

 

未経験から風俗店に入店しても、数ヶ月もすれば仕事に慣れてくる。
ここで怠け者の女の子であれば何とか楽に出来る方法が無いかと模索し始める。
そうでなくても女の子は慣れるとお客様からリードをとりたがって攻められるのを嫌がるようになる。
リードを取りたがる、そのくせ慣れから疎かになり場合によっては全くと言って良い程にしなくなるプレイがある。
それが全身リップと言われるサービスだ。

全身リップとは簡単に説明をすると口や舌を使ってお客様を主にせめるこちらが主体のプレイだ。

酷い女の子になると全身リップを殆ど行わず、早々に切り上げてさっさとフェラに移行する。
そして挙句、お客様がなかなかイカないので手でしごく。
手コキプレイに目覚めてしまう。
結果!
最悪の場合はクレーム、そしてクビになってしまうような事もある。
惨い店だと罰金何てこともあるだろう。
さらに目標値としている金額には達せず、まだまだ風俗で働かなければならないので別の店に入店して同じ事を繰り返す。
魔のループ、負のスパイラルにに突入。
永遠とは言わないがなかなか抜け出せない風俗にどっぷり浸かったTHE風俗嬢の出来上がりだ。

プレイでお客様を満足させられない。
プレイでクレームを貰う。
では一体何がいけないのか?
確かに風俗の仕事は楽じゃない。
女の子に理由を聞くとこうだ。

「テクニックがないのでお客様をいかせられない」

喝!

喝!

喝!

そうじゃない。
テクニックなど十人十色で千差万別。
そもそも人それぞれの感じ方次第なのだ。
私から言わせればテクニックのある女の子なんて居ないに等しい。
もちろんごく稀に凄く上手い女の子が居るのも事実。
しかし大事なのは必殺技、妙技などではない。

ただキッチリとサービスを全うとする。
強いては全身リップを行う。
これほどに重要な事はない。

経験のある女の子、そうで無くてもある質問をしたい。
①と②のどちらが良いか選んで欲しい。

  • 60分間ひたすらフェラチオだけをする。
  • 30分間全身リップをして残り30分間フェラチをする。

いかがだろうか?

聞かずともほとんどの方が②と答えるだろう。
ただ慣れた女の子の大半は、実は知らず知らずのうちに①を選んでいる結果となっている。

これはどういう事か?
女性であれば経験があるだろうか?

大好きな人とのエッチの際に、まだ触れられる前から濡れている事。
ロマンチックなデートの最後にキスをして、耳元で愛の言葉を囁かれる。
それだけで濡れると言う事はないだろうか?
この後の展開を予想して体が勝手に反応するのだ。
そしていざ事が始まると大好きな人だからか、ちょっと指で触れられた、または彼を受け入れたらすぐ恥ずかしいほどに濡れているなんて経験はないだろうか?

この現象は別に女性だけに当てはまるわけではない。
男性だってそうなのだ。

もっと分かり易く説明をしよう。

ようは男性だって女性だって、しっかりと気持ちが盛り上がっていればそれだけ気持ち良くなると言うことなのだ。
もちろん風俗ではお客様に『好きだ』と言うべきではないし、お客様も良い人は居るだろうがそもそも好きな男性ではない。
なので好きと言う感情や言葉は必要ない。
全身リップをしっかりと行えばその後のプレイを普通は期待をするだろうしプレイに集中も出来る。

ただし!勘違いしてはいけない事がある。
全身リップをしっかりと行えば、お客様全員がすぐに射精をすると言う意味ではない。

例えば通常射精するまでにフェラチオで30分かかる男性が居たとしよう。
全身リップをしっかりと行うと言うのはその射精までの30分という時間が短くなると言うことだ。
それこそお客様それぞれの射精までの時間は違う。
しかし
全身リップをしっかりと行うことによって、その人から見ればずいぶんと早く射精に達したと感じて、必然的にテクニックがある、サービスの良い女の子となるのだ。

では肝心の、しっかりと行う全身リップとは何か?

最低でも耳元から首筋、そして肩、脇、腕、さらに胸、腹、太ももくらいは行ってもらいたい。
時間的な余裕があるのであれば背面(背中側の肩から肩甲骨、背骨に沿ってから腰と脇腹の背面側)もしっかりと行えば効果は抜群、いや絶大となるだろう。

風俗において楽をしたい、プレイを出来るだけサボリたい。
その思い、実はプレイをしっかりと行うことが一番時間短縮につながるのだと頭に刻み込んでほしい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いつでもOK!風俗の何でもお悩み相談

女性店長のお店だから安心♪私たちが解決します!
LINEで直接お問い合わせ♪
お名前 ※必須
メールアドレス ※必須
メールアドレス確認 ※必須
LINE ID
電話番号
連絡方法 ※必須  メール LINE 電話
相談内容 ※必須

top